読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出るのに、理由はいらない。

コンドルのいる動物園、シルクロードの寝台列車、マルタで過ごしたひと夏。海外30カ国・国内の旅行記と、旅についてのあれこれを綴ります。

“エーゲ海の真珠”イズミル!セルチュクの町をぶらりと歩いて、公衆浴場・ハマムにも初挑戦。

シリンジェからバンに乗ること20分、セルチュクにつきました。

 

町に着くとまず、CEO(ガイド)のデニスがこの町を案内してくれます。

St John Basilica(聖ヨハネ教会)の外壁。白と青のコントラストが美しい。

明日の午前に、ひとりでじっくり見て回ろう。

f:id:tabinideru0:20150615002224j:plainf:id:tabinideru0:20150615004705j:plain

そこかしこにある植物は、どれも南国のにおいがする。

f:id:tabinideru0:20150615004331j:plain

サボテンも!真っ青な空と、照りつける日差し…なんて開放的!

f:id:tabinideru0:20150615004328j:plain

セルチュクがあるイズミル県は、トルコで「エーゲ海の真珠」と呼ばれているそう。

エーゲ海のオープンな空気を胸いっぱいに吸って歩きながら、思い浮かべる脳内BGMはもちろん「エーゲ海の真珠」。

エーゲ海の真珠 ポール・モーリア Penèlope Paul Mauriat Penelope - YouTube

 

すぐ隣の、イーサーベイ・ジャーミーにも立ち寄る。

f:id:tabinideru0:20150615004712j:plain

大理石のミフラーブが美しい。

ジャーミーなので、絨毯部分にあがるには露出の少ない服で。女性はスカーフ着用。

f:id:tabinideru0:20150615004715j:plain

南へ歩くと、女の人たちが機織りをしていた。これがトルコ絨毯になるのかしら。

f:id:tabinideru0:20150615005125j:plain

突然、草むらに山羊が。野良山羊か、飼われているのか?

f:id:tabinideru0:20150615005221j:plain

コウノトリのような鳥が、色々な建物の突端に巣をつくっていた。

左が親で、右が子どもかな?

この鳥をずっとコウノトリだと思っていたんだけど、調べたらコウノトリはアジアにしかいなくて、ヨーロッパにいるこれはたぶんシュバシコウ。のはず。

f:id:tabinideru0:20150615005308j:plain

あ、また道に埋まったナザールボンジュウ発見!

f:id:tabinideru0:20150615005511j:plain

 

セルチュクの町の外れ、アルテミス神殿にも。

世界七不思議にも数えられるアルテミス神殿は、本当はイオニア式の柱が127本もある巨大な神殿だったそう。

f:id:tabinideru0:20150615005704j:plain

今はただ一本、柱が立っているだけ。

写真を撮ろうとしたら、通りかかった北欧系のおじさまが勝手に写り込んできた(笑)

シリンジェ村で買った麦わらの影で顔が全く見えない(笑)

f:id:tabinideru0:20150615010238j:plain

柱の上にとまる鳥。

f:id:tabinideru0:20150615010449j:plain

 

セルチュクの町をひとりきり歩いたあとは、ハマムへ!

f:id:tabinideru0:20150615010713j:plain

日本で言う銭湯のような、公衆浴場。

湯船はなく、蒸し風呂の真ん中に石の大きな台座があって、そこに寝そべってあかすり師さんにあかすりをしてもらうのです。

お風呂なので、もちろん内部の写真は撮れません。

イメージ写真として、ハマムのロビーにあったハマムの絵でもどうぞ。

f:id:tabinideru0:20150615215839j:plain

実際は、椅子じゃなくて5人くらい横になれる石の台座に寝そべって、まずは体を温めます。

それから、レモンの香りの泡を体にたっぷりかけて、あかすりをしてもらいます。

このレモンの香りが爽やかで優しくて、とんでもなく素敵なの!

泡もふわふわで、体は蒸し風呂で温かいし、眠ってしまいそうでした♪

 

実際に蒸し風呂内に居たのは30分くらいかな。前後の着替えも入れると、1時間今日くらいはかかるかと思います。

また、日本のようにすべて服を脱がず、持参したビキニ着用でした。

服装はハマムによって違うかもしれませんが、行かれる方は水着を持っていけば間違いないかと思います。

 

館内にはエステ的なベッドも。マッサージのサービスとかがあるのかな?

f:id:tabinideru0:20150615220237j:plain

ハマムの後は、ロビーでまったりくつろぎます。

f:id:tabinideru0:20150615220440j:plain

サービスで、チャイを持ってきてくれました。

f:id:tabinideru0:20150615220444j:plain

一人で館内を探索していたら、ハマムの屋根発見!

下から見たらドームについている小さなガラスから日の光が差し込んでいたけれど、これだったのね!

f:id:tabinideru0:20150615220619j:plain

しばらくロビーでまったりして、ハマムをあとにしました。

ハマムの外玄関で、また地面に埋まったナザールボンジュウを発見!

f:id:tabinideru0:20150615220731j:plain

私がこの写真を撮っていると、ドライバーのチンギスが「出発するよ!」と私を呼んだ。

昨日のアイワルクのレストランで、チンギスは「明日が55歳の誕生日なんだ」と言っていた。

今日のディナーでは、チンギスのお祝いをしなくちゃ!