読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅に出るのに、理由はいらない。

コンドルのいる動物園、シルクロードの寝台列車、マルタで過ごしたひと夏。海外30カ国・国内の旅行記と、旅についてのあれこれを綴ります。

古い家並みが美しいシリンジェ村へ。レース編みが揺れる細い路地を、あてもなく歩く。

エーゲ海の港町・アイワルクを後にして、私たちを乗せたバンは再び南下開始。

バンに揺られること数時間、トルコ南西部の田舎町・シリンジェ村につきました。

f:id:tabinideru0:20150613133510j:plain

1時間も歩けば村をすべて歩けてしまうような、こじんまりした田舎の村です。

赤レンガと真っ白な壁の民家が立ち並び、その向こうには山並みと青い空が広がります。

 

村の真ん中にある白い塔を目印に、地図も見ずに散策開始。

f:id:tabinideru0:20150613134826j:plain

シリンジェ村では、手編みのレースが名産です。

f:id:tabinideru0:20150613135112j:plain

いたるところにレースでつくった服、カーテン、テーブルクロスなどが並んでいます。

f:id:tabinideru0:20150613134923j:plain

f:id:tabinideru0:20150613134928j:plain

村のあちこちで、女の人が編み物をしていました。

f:id:tabinideru0:20150613135701j:plain

この村の一番高い所に登って村を一望したい!と思い立ち、山側に続く上り坂の路地を進みました。

f:id:tabinideru0:20150613135926j:plain

猫発見。無心で爪とぎ中。

f:id:tabinideru0:20150613140149j:plain

オスマン様式の古民家。2階が張り出しています。

 

f:id:tabinideru0:20150613140207j:plain

少し進むと、路地には店も人もいなくなってきた。

石畳の道をひとりでただただ歩きます。

f:id:tabinideru0:20150613140135j:plain

村で一番高い(と思われる)通りに到着!

ここから町を見ると、積み木の家みたいな、赤い屋根と白い壁の家が山肌に並び立っているのがよく見える。

f:id:tabinideru0:20150613141024j:plain

登りはじめてほんの10分ほどで、村の端まできてしまった。

誰もいない静かな高台でこの村の眺望を楽しんでから、もう一度、村の真ん中に戻ることにする。

f:id:tabinideru0:20150613141237j:plain

 

白い塔が見えてきた!目抜き通りはすぐそこ。

 

f:id:tabinideru0:20150613141307j:plain

散歩中、太陽が照りつけてかなり暑かったので、帽子を買うことに。

たったの15トルコリラ。日本円で800円くらい。

似たような麦わらがいくつもあって迷ってしまったけど、店のお兄さんがこれが似合うよと言ってくれたのでこれにした!

f:id:tabinideru0:20150613141629j:plain

お、犬も日陰で涼んでいる。まだ5月だけど、夏みたいだ。地中海って暑いんだなあ。

f:id:tabinideru0:20150613141733j:plain

猫の親子を発見。隣の看板には猫の絵が描いてあるけど、なんの看板なのかしら?

f:id:tabinideru0:20150613141857j:plain

地面に、ナザールボンジュウが埋まってる!

f:id:tabinideru0:20150613141952j:plain

散策の最後に、母にプレゼントを買いました。大判のスカーフの縁にレースが縫い付けてあります。

f:id:tabinideru0:20150613142340j:plain

そういえば、キプロスの田舎町に行った時も、シリンジェ村と同じようなレースの編み物をたくさんみた。キプロスは色つきの糸はつかっていない、真っ白なレースが多かった。

散策が終わってからCEO(=G-adventuresのガイド)のデニスにそう伝えると、「そうね、キプロスとトルコの西側のルーツは同じだから」と言っていた。

キプロスとトルコは国境問題を抱えていて、デリケートな話題かもしれないのであまり詳しく聞かなかったけれど、トルコの田舎町で思いがけずキプロスの思い出がよみがえって、なんだか嬉しかった。

f:id:tabinideru0:20150613142445j:plain

 

少しすると、旅のメンバーも戻ってきた。ジリアンは編み物、マリアは香辛料、ニコルはフルーツワインをゲットして、それぞれ散策を楽しんだみたい!

ほんの小さな村だけど、ひなたくさくてのどかなこの村が気に入りました。